第三十四回 あるい霊者て即座復活たのか思いエホバの証人の

第三十四回 あるい霊者て即座復活たのか思いエホバの証人の。。エホバの証人よく死んだ人悼む気持ちエホバの証人変わりない仰

か創世記4章19節24節こう書かれて 「ヤレドエノク生んだ後八百年生きて男子女子生んだ
ヤレドの年合わせて九百六十二歳であった
そて死んだ
エノク六十五歳なってメトセラ生んだ
エノクメトセラ生んだ後三百年神歩み男子女子生んだ
エノクの年合わせて三百六十五歳であった
エノク神歩み神取られたのでいなくなった」

エホバの証人おぎ話のような昔話史実て受け取ります

エホバ様られてまっていつなくなったかわかりませんので弔えません
あるい霊者て即座復活たのか思いエホバの証人の教義でキリスト以前死迎えた人物霊者て復活するこない断言て
なるエノクかの時点で死んでいるず

家族や親族行方不明のエノクの死いつでよう知りどう悼んだり弔ったりすればよかったのでょう

こう考える元々エホバ様のお考え悼んだり弔ったりする意識なかった思うの
「悼むこ禁止弔うこ禁止」のお考えね
て疑わいの「死んだ人悼む気持ちエホバの証人変わりない」ってほんか
そて行為本当エホバ様の目見て義される行為なのでょうか

エホバさんの御主張坑多く至る所で矛盾感じますエホバの証人。エホバの証人は。「聖書は。宇宙や銀河や地球や動植物や人間の創造者である神
が。聖書の筆者たちを導いて書き記させた」としています。 詳しくみて見ま
しょう!エホバの証人輸血拒否事件の概要信仰に反す「エホバの証人」信者の
家族が

『ものみの塔協会の誤導からエホバの証人を解放するために』全文。今回の広島会衆の事件によって明らかになった最大の点は。ものみの塔幹部の
いやし難い『偽善』とその『組織崇拝』であった。彼らにはイエス?キリストの
次の言葉がよく当てはまる。 「彼らのことは放っておきなさい。彼らは盲人を
手引き第三十四回。まず。エホバの証人というのは。プロテスタント?カトリック教会その他宗派系
のいずれにも所属しないキリスト教系の団体で。神が天と地を支配する「神の
王国」の確立を支持している団体である。日本においては約万人の伝道者が
活動説教要旨集。12月26日 主日礼拝説教要旨 説教 『キリストに属する者』 ローマの信徒への
手紙 1章5節~6節 牧師 増田志郎 年の礼拝も今日が最後となりました。
この一年。神様の導きがあった事を感謝しながら。新しい年を迎えたいと思い
ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です