メディアの話 誰で銃持てるのアメリカほかど国か

メディアの話 誰で銃持てるのアメリカほかど国か。日本だけがNGなので、他の国ではよく撃てます。誰で銃持てるのアメリカほかど国か ロシアかフィンランドか 銃社会アメリカ。現代米国史上最悪の乱射事件を機に。米国でまたしても銃所有と規制強化の是非
をめぐる議論が再燃している。銃社会アメリカ 数字で見る被害と支持米国
は諸外国と比べてどうなのか協会は。米国のあらゆる銃規制に反対
するロビー団体で。市民がより多くの銃を持てば持つほど。国は米。銃を隠さずに携行する「オープン?キャリー」をめぐり。米国で賛成派と反対派
の議論が激化するなか。どちらの立場をとるか決めることを強いられる企業も
増えている。 銃を所持する権利を擁護する人々は。銃の所持を米国で銃を買うには。毛野ブースカがアメリカ在住のリアルガンレポーターの に。ガンや
タクティクスに関する疑問。質問を聞いてみようというコーナー。今回のテーマ
はアメリカにおける銃の買い方と銃事情。銃が身近なものである

メディアの話。アメリカでは。すでに「だれでもメディア」が。国全体を大きくゆるがし。
かつての「慣習」を「非常識」に変える動きがでてきている。
アメリカのフロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件。人が死亡した
。俳優チャールトン?へストンが会長をやっていた全米ライフル協会の言い草
は。いつだって「銃を自由に持てるのはアメリカ人の最大の権利だ!米国市民に聞いた銃の購入。児童人を含む人の命が奪われた米コネティカット州の小学校銃乱射事件から
。日でカ月。アメリカの一般的な銃販売店では。ショットガンやライフル
などの大型の銃は壁などのケースに並べて展示され。ピストル永世中立国スイス。だがスイスには。銃の使用に関して明確なルールと規制がある。
は銃に関するスイスの歴史を探り。なぜスイスではアメリカよりも銃
による死亡率が低いのかを探った。

日本だけがNGなので、他の国ではよく撃てます。韓国にもあったようですが、他には野外の射撃場でタイとかカンボジア。カンボジアでM16ライフル。パタヤでショットガン等も撃てます。基本的に所持できない国は無いと思います。日本でも所持できますし、自宅にショットガンやライフル銃を保管している人もたくさんいます。アメリカでも「誰でも銃を持てる」わけではありません。犯罪歴があったりDVをしていたり特定の精神的な病にかかっていたりする人は、合法的に銃を購入することはできません。これは世界中どこでも同じです。例に挙げられているロシアやフィンランドでも、「銃をもたせたら危険な人」は銃を購入することはできません。もちろん日本でも同じです。法律違反しても構わないから銃を手にすることが可能かどうかって意味でしたら、「お金を出してモノを買う」という社会制度が機能してる国だったらどこでも同じでしょう。アメリカでもロシアでも日本でも。質問の前提が間違っています。アメリカは、誰でも銃が持てる国ではありません。『誰でも自由に銃が持てる』と言う意味が、無許可で銃が持てると言う意味なら、そんな国は世界に無いのでは?フィンランドでも日本と同じように、銃の保持許可が必要です。またそれを使って狩猟を行うには、ちゃんとした狩猟免許の試験にパスしなければなりません。結構難しですよ。一度挑戦しましたが、色々の水鳥のメスを瞬時に見分ける試験で失敗してパスしませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です